釣りとアウトドアの専門店リバース

矢野燿大のチャレンジフィッシング!記念すべき第1回は和歌山県の合川ダムでバスフィッシングだ!

いざ、スタートフィッシング!
レンタルボートでいざ出発

07:50

最初のポイントは前ノ川。流れが当たる右岸を攻める

午前7時50分、合川地区にある「おうとう山遊館」のレンタルボートでいざ出発。
おっと、その前に日焼け止めは忘れずに!ちょっと矢野さん塗りすぎじゃないですか??

さて、ガイドの平岩さんがまず目指したのは、支流のひとつである前ノ川筋。

熊野川との合流点の右岸側からジョインテッドクローで攻略開始。
バックウォーター方向にゆっくりと遡っていく。右岸側は切り立っていて前ノ川の流れが当たる部分。水温が低い朝はまずこちらから攻めるという。

ちゃんとキャスティングできるのか?と心配していた矢野さんであるが湖岸ぎりぎりにコントロールよくジョインテッドクローを打っていく。

矢野さん

実は琵琶湖でジョイクロ使ったことがあるんですが、まだジョイクロでバスを釣ったことはないんです。

平岩さん

じゃあ、今日はなんとしても釣ってもらわないといけませんね。
とにかく投入したらすぐに巻かずにジョイクロを浮かせてステイさせて、バスの反応を見ましょう。

08:00

アバロンマーカーで視認性抜群

平岩さんはエレキに専念。背中のマーカーで視認性抜群

ボートの船首部分でエレキを踏む平岩さんは、しばらく矢野さんに釣ってもらおうと操船に専念。

湖面をにらむ目は、バスの姿を必死に追っている。
しかし、アバロンマーカーを背中に貼り付けたジョインテッドクローの視認性は抜群で、見失うことはまずないし、遠方からでもS字の泳ぎがちゃんと確認できる。

矢野さん

ほんとルアーがよく見えますね!それだけに一投ごとにドキドキしちゃいます。もう出るか?もう出るか!ってね。

平岩さん

ルアーの動きを見ているだけでも楽しいですよね。それとジョイクロに興味を示して寄ってきたバスに対してタイミングよくアクションを入れなければなりませんから、ルアーの視認性は重要なんです。そのためにマーカーは欠かせません。

ジョインテッドクローの使い方
ジョインテッドクローは緩いテンションでスローにリーリング

S字の基本はテンションを抜いて巻くこと!

ジョインテッドクローの基本中の基本は投げて巻くだけであるが、重要なのは「テンションを抜いて巻く」ということ。
ジョインテッドクローはラインを張らなくても勝手に動いてくれるルアー、何もしなくてもアクションをするルアーなので、ロッドティップから湖面までのラインが直線になるのではなく、弧を描くようたるませた状態、言い換えれば非常に緩いテンションでスローにリーリングするわけだ。この状態でジョインテッドクローは最大のS字を描くように設計されているのだ。

ジョインテッドクローの滑らかな動き

ワームのように使えるハードルアーそれがジョインテッドクロー

今回のロケではフローティングを使用し、サーチベイト的な使い方をしたわけだが、ここぞというピンポイントで浮かせて止めて、バスの反応を待っている間も、わずかな水流を受けてジョインテッドクローは尾ビレをゆっくりじんわり振っている。これがバスを誘惑してくれる最大の武器。

バスがそんな魅力的なジョインテッドクローに興味を示し接近してきた瞬間にタイミングよくチョンとロッドアクションを加えると左右のどちらかにキュッとスライド。これを見たバスが思わず口を使ってしまうのだ。
つまりジョインテッドクローはハードルアーでありながビッグベイトフィネスと言えるソフトルアー的な使い方が可能なルアーなのだ。

普通のハードルアーはルアーを止めて釣ることができないが、ジョインテッドクローは止めて釣ることができる非常に独創的なルアーと言えるだろう。

視認性を上げてジョインテーッドクローを動かす

アバロンマーカーチューンで視認性抜群!

「ジョインテッドクローは見えていないと、ワケが分からない釣りになっちゃいますんで・・・」と平岩さんがすすめるのが、マーカーチューン。いわゆるアワビシートである『アバロンマーカー』をジョインテッドクローの背中に貼り付ける。

ビッグバイトチャートなどの派手なカラーのジョインテッドクローは、それだけでもよく見えるが、邪鮎などナチュラルカラーのものは、アバロンマーカーが抜群の視認性を提供してくれる。
ルアーの位置を自分でつかんでいなければ、せっかくバスが興味を示してジョインテッドクローに接近してきても、タイミングよくアクションを入れることができないのだ。

08:30

バックウォーターからUターン。大岩の際に40cmクラスのバスを確認

バックウォーターはクリアで底まで丸見え。

前ノ川のバックウォーターまでボートを進める。水深がなくクリアなため底まで丸見え。大きめの岩陰に何尾かバスを見つけたが、水はスケスケ、進んでくるボートを警戒されてすぐに逃げていく。

「こりゃ、あきませんね」とバックウォーターを断念しUターン。途中にある大岩にさしかかると、そこでついに40cmほどのバスの姿を確認。ピッチングでジョインテッドクローを静かに投入し大岩の横でステイさせてバスの反応を見るが、残念ながら興味を示してくれない。そこで、いったんフォローベイトであるビッグスパイダー・マイクロのジグヘッドリグにチェンジし、大岩の際をフォールさせてねらってみるがやはり反応はなし。

いったんボートを大岩から離してポイントを休ませること15分。ふたたび大岩に戻ってみたがバスの姿を再び見ることはなかった。

大岩をあきらめ前ノ川筋の左岸側、熊野川筋をジョインテッドクローとベティのジグヘッドワッキーで攻めてみるが、本日のバスはなかなかの頑固者で口を使ってくれなかった。

矢野さん

このビッグスパイダー・マイクロはワームと同じような使い方でいいんでしょうか?

平岩さん

はい。このポイントでしたら岩の際にフォールさせたり、あとはボトムでエビやカニをイメージしてチョンチョンと動かしてやる釣り方が有効ですね。

ビッグスパイダー・マイクロの使い方
忍び寄る、無数の微波動

ビッグスパイダー・マイクロは水面の虫もしくはボトムの甲殻類のイメージ

蜘蛛型ソフトベイトのビッグスパイダー・マイクロはフックのみかネイルシンカー程度の軽いリグで湖面に落ちてもがく虫をイメージした表層ねらい。もしくは1/8ozほどのジグヘッドやダウンショットリグにセットし、湖底のエビやカニなど甲殻類をイメージしたボトムねらいという2パターンの使い方をする。

岩盤の際をフォールさせるのも効果的。表層ではロッドを立ててチョンチョンとアクションを入れる。ボトムでも湖底をエビやカニがチョンチョンと移動する動きを演出。ともにスレバスにはよく効く釣り方だ。

10:00

風が吹けば桶屋が儲かる…ではなくてスピナーベイトなのだが…

湖岸と平行にジョインテッドクローを打ち続ける

この時点で前ノ川筋から将軍川筋へ大移動。中流部の左岸側から釣りを再開。湖岸と平行にジョインテッドクローを2人で打ち続けるがやはりバスからの反応は皆無で、ふたたびフォローベイトであるベティのジグヘッドワッキーにチェンジ。

この左岸にあるレイダウンや同じ将軍川の少し上流域では、ロケ数日前にスピナーベイトでの釣果があったそうだが、その日は風の強い日だったとか。

「風が吹けばスピナーベイト」と言われるように、この日のように無風の場合はスピナーベイトは期待薄なので、ソフトルアーを打つしかない。

ベティのジグヘッドリグでサスペンドバスをGET!

12:00

初ヒットはストレートワーム。ベティのジグヘッドリグ

エレキでゆっくりとボートを下流に進めていたが、平岩さんは12時前にある地点でボートを止めた。

そこには水中に沈んだ立木があり、その周囲に何尾か大小のバスが付いているのを確認したのだという。そこで平岩さんが選んだのはベティのジグヘッドリグ。カラーはラッキーブラウンゴールドラメ。沈んだ立木の周りをていねいに攻め、ついに平岩さんがバスをとらえた。

30cm強と大きくはなかったが、ようやくこの日の初ヒット。

その後はふたたびバスからの反応は返ってこず、昼食のためにボート乗り場にいったん帰還した。

ベティ5.9inの使い方
形状にとことんこだわり開発されたフェイネス系ストレートワーム

ベティはジグヘッドワッキー&ジグヘッドリグ

ソフトルアーのベティは通常のジグヘッドリグとジグヘッドワッキーの2通りの使用法を実践した。ジグヘッドリグは中層スイミングで横の動き、フォールで縦の動きでアピール。

ジグヘッドワッキーはオモリ部分が先に落ち、フォール中にベティのスリットが水押しして起きるロールアクションで食わせるというもの。
状況に合わせて、そのどちらかの反応のよい方で釣る。

13:20

流れのある円形の池にアユが泳いでいる

円形プールで釣れた魚はまさにジョインテッドクロー?

昼食は平岩さんオススメの流しそうめんに決定。
合川から富田川方面の鮎川に向けて車を走らせること15分、途中にある「赤木渓水郷」へ向かう。
富田川の支流の赤木谷沿いにあり緑に囲まれた静かなお店。ここでは敷地内の池でニジマス釣りやアユ掛けが楽しめ、釣ったニジマスやアユを料理してもらえる。

そこで平岩さん、矢野さんが目を付けたのはアユ掛け。流れのある円形の池にアユが泳ぎ、これを蝶バリで引っ掛けるというもの。最初はなかなか掛からなかったが、コツをつかむとそれほど難しくはない。掛かったアユを見て一同「ジョイクロ!」と大笑い。
さあ、そうめんと紀州名物「めはりずし」でお腹も納得、午後の部へと参りましょう!

15:00

合流地点から日置川本流筋へ。後は一匹獲るだけ・・・

流木溜まりでサスペンドするバスをねらう

午後の部、最初のポイントはボート乗り場からすぐ南に見えている漁船?が係留してある浮き桟橋の横。
流木が溜まり、その間にサスペンドするバスをねらう。ベティを使って誘ってみるがバイトには至らず、最後の決戦の場、日置川本流へとボートを進める。

ジョインテッドクロー、ベティ5.9in、キラーズベイトと手を替え品を替え、岩盤、レイダウン、流木、岬周りとストラクチャーや地形の変化をたんねんに攻めたが、ルアーを見に来るバスは何尾かいたものの口を使わず。

ついにボート貸し出しリミットの午後5時を迎え無念のタイムアップ。

今回登場したガンクラフトルアーの使い方
完全ハンドメイドモールド仕様のリアルヘッド

フォールで使えるキラーズベイトType1

ラインアイを通常のものより上部に伸ばし、フォーリング時とリトリーブ時の姿勢の差を極力少なくしたプラスワン・アームを採用したスピナーベイトであるキラーズベイト。

立ち上がりが早くブレードが水面を飛び出しても姿勢を崩さず、着水と同時にリトリーブ可能という特性があるので、それを生かしてテンポよく釣っていくことが大切。使用したType1はブレード2枚が連結されたプラスワンブレードを採用しているので、フォールさせ縦の釣りができるのが特徴。その強烈なフラッシングと波動でサスペンドバスに有効だ。

大きいスライドアクションから小さいスライドアクションまで使い方次第で色々な顔を持つビッグペンシルベイト、エスケイパー

遠方のストラクチャーねらい打ち、ビッグペンシル

この日は出番が少なかったが、ペンシルベイトのエスケイパーもテンポよく打っていくルアー。とにかくボディが大きいので飛距離は抜群。

ラインスラッグを出した状態でトゥイッチすると大きなスライド幅を演出することができ、その場でのストップアンドゴーでもヒラを打ちアピールする。使い方次第で色々な顔を持つビッグペンシルベイト。今回発売の限定ハイサウンドモデルではリアウェイトの一つが前後に動くことによりその移動幅から、何回かに一度自然とイレギュラーなアクションが起こりバイトを誘発するモデルだ。

矢野さん

ビッグベイトをこんなに投げたの初めてです。動かし方もいっぱい教えてもらいましたし。
ただ釣れなくて残念でした。実は最後のところで回収してきたジョイクロを追いかけてきたバスがいて、まあまあのサイズだったんで悔しいな~。

平岩さん

今年も何回か合川に来てるんですけど、今日はそのなかで一番難しい日でしたね。夕方は何尾かバスが浮いてきたんですけど、見に来るだけでしたね。

今回のまとめ

Web番組のエンディング撮影

最悪のコンディション。しかし次につながるトライ&エラー

とにかくポストスポーニングでバスの活性は低く、さらには無風快晴でバスの警戒心もマックスという最悪のコンディションだったこの日、残念ながら平岩さんがソフトルアーで1尾ゲットしただけに終わったが、特にメインで投げ続けたジョインテッドクローに関しては、かなり勉強になったと矢野さん。

釣れないこともあるのが釣りであり、トライ&エラーを繰り返してこそ腕も上達するというもの。晩春のリザーバーを攻める場合、今回はビッグベイトにこだわったが、ジョインテッドクローでサーチし、バスを確認したらポイントや状況によってソフトルアーやスピナーベイト、ペンシルなどを積極的に打っていくのがよいだろう。
ジョインテッドクローに関しても、リトリーブスピードやライン角度によるS字の動きの変化をつかむことが肝心。
今回はフローティングでの釣りだったが、シンキングの釣りにもチャレンジしてもらいたい。

  1. 晩春リザーバー攻略 ガンクラフトSTYLE(準備編)
  2. 晩春リザーバー攻略 ガンクラフトSTYLE(実釣編)
  3. オリジナルカラー『矢野タイガー』プレゼント!
チャレンジフィッシングの動画はこちらをクリック!
今回使用するタックルを要チェック
平岩孝典:鮎邪ジョインテッドクロー178 フローティング用

01.鮎邪ジョインテッドクロー178 フローティング用

使用者
平岩孝典
ロッド
ガンクラフト Killers-00 DEAD SWORD
リール
シマノ アンタレスDC7
ライン
クレハ シーガーR18 BASS 16lb
ルアー
ガンクラフト 鮎邪ジョインテッドクロー178 フローティング
平岩孝典:S-CAPER用

02.S-CAPER用

使用者
平岩孝典
ロッド
ガンクラフト Killers-00 DARK MATTER(プロト)
リール
ダイワ T3
ライン
クレハ シーガーR18 BASS 10lb
ルアー
ガンクラフト S-CAPER〔ハイサウンドモデル〕
平岩孝典:NEW キラーズベイト TypeⅠ用

03.NEW キラーズベイト TypeⅠ用

使用者
平岩孝典
ロッド
ガンクラフト Killers-00 ブルーシリーズ RUDDER(プロト)
リール
シマノ メタニウムMg BFCチューン
ライン
クレハ シーガーR18 BASS 10lb
ルアー
ガンクラフト キラーズベイト TypeⅠ
平岩孝典:ベティ&ビッグスパイダー・マイクロ用

04.ベティ&ビッグスパイダー・マイクロ用

使用者
平岩孝典
ロッド
ガンクラフト Killers-00 MELT
リール
シマノ ステラ2500
ライン
クレハ シーガーR18 フロロリミテッド 3lb
ルアー1
ガンクラフト ベティ 5.9インチ
ルアー2
ガンクラフト ビッグスパイダー マイクロ
矢野燿大:鮎邪ジョインテッドクロー178 フローティング用

05.鮎邪ジョインテッドクロー178 フローティング用

使用者
矢野燿大
ロッド
ガンクラフト Killers-00 DEAD SWORD
リール
シマノ カルカッタコンクエスト200DC
ライン
クレハ シーガーR18 フロロリミテッド 16lb
ルアー
ガンクラフト 鮎邪ジョインテッドクロー178 フローティング
矢野燿大:NEW キラーズベイト TypeⅠ用

06.NEW キラーズベイト TypeⅠ用

使用者
矢野燿大
ロッド
ガンクラフト Killers-00 DICTATOR
リール
ダイワ T3
ライン
クレハ シーガーR18 フロロリミテッド 12lb
ルアー
ガンクラフト キラーズベイト TypeⅠ
矢野燿大:ベティ&ビッグスパイダー・マイクロ用

07.ベティ&ビッグスパイダー・マイクロ用

使用者
矢野燿大
ロッド
ガンクラフト Killers-00 MELT
リール
シマノ ステラ2000
ライン
クレハ シーガーR18 フロロリミテッド 3lb
ルアー1
ガンクラフト ベティ 5.9インチ
ルアー2
ガンクラフト ビッグスパイダー マイクロ
ガンクラフト製品大特集
釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

おはようございます。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口