釣りとアウトドアの専門店リバース

リールメンテナンス講座でリールの簡単なメンテナンス方法を覚えよう! ルアーフィッシングのことならリバースにおまかせ!

リールの簡単なメンテナンス方法を覚えよう!

リールメンテナンス講座

リールのメンテナンスがなぜ必要なのか?リールメンテナンスはどうしていますか。買ってから一度もメンテナンスをしていない、なんてことは無いでしょうか?
シーズン中、快適に使おうと思えば日々のメンテナンスはかかせません。

最近のリールは高性能になり、ほぼメンテナンスフリー状態になっています。しかし、使っていくうちにスプールの回転が鈍くなったり、回転音が大きくなったり、ハンドルから違和感が伝わってきたり・・・。

これらの症状はオイルグリスの劣化や消耗のほか、ラインについた汚れがリール本体内に入りこんでしまいベアリングや各稼動部分に影響を与えることが原因と考えられます。どんなに高性能なリールでも定期的なメンテナンス無しには本来の性能を発揮することはできません。それらを未然に防ぐためにもメンテナンスは重要なのです。

汚れを落としきれいにする事が第一メンテナンスはオイルやグリスを注すだけではなく、汚れをしっかり落とした後にオイルやグリスを注します。そうすることで、リールを良いコンディションに保つことができます。リールメンテナンスはタイプにより異なるので、お手持ちのリールと同じタイプのリールを参考にメンテナンスしてください。リールが違ってもメンテナンスの基本手順は同じで『分解清掃グリス(オイル)注し組上げ』となります。

普段、メンテナンスを行うのは、リール本体の清掃、スプールを受けている両サイド2箇所ベアリングとメインのシャフト、キャストコントロール(メカニカルブレーキ)部分、レベルワインダー部分などです。
メンテナンス後に、ベアリングなど稼動部分に、各メーカーから発売されている潤滑油を注すと、滑らかに稼動するようになります。これは『リールのチューニング方法』にてご紹介します。

また、リーリング時に大きな抵抗やゴリゴリ感が出てきた時など、紹介するメンテナンスだけでは症状が改善されない場合もあります。その時はパーツ交換の必要があるかもしれないので、メーカー修理に出しましょう。

作業前にそろえておきたいメンテナンス用品

数々のメンテナンス用品
各社対応オイル、グリス、パーツクリーナー
付属の純正オイル純正グリスでも、市販のオイルグリスでもかまいませんが、高性能なものがおすすめ。パーツクリーナーは油を落とす為に必要。
工具類
精密ドライバー、リール付属の専用工具、ラジオペンチ、クリップ、ピンセットなど。
清掃に使う用品類
クッキングペーパー、ティッシュ(ほこりが出にくく、柔らかいもの)、綿棒(綿くずの出にくいもの)、ブラシ(使い古しのハブラシ)、爪楊枝など。
洗剤類
EGスーパーウォータータックルにシュッ!など。
作業用のトレー
分解した時にネジや部品の一部がなくならないよう、適度の大きさであまり深くないものがおすすめ。
釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口