釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

初冬のリザーバー攻略:初冬のリザーバー攻略

藤原組長のフィッシング講座 初冬のリザーバー攻略

皆さんこんにちは。池原・七色ダムレンタルボート店スポーツワールド“組長”こと藤原です。立冬も過ぎ、いよいよ本格的なウインターバスフィッシングシーズンの到来。えっ!なに?バスフィッシングなんかやってられるか!スキーにスノボだろ!って?ですよね!あと、海のジギングなんかも面白かったりなんかして!バスフィッシングどころじゃないですよね!と言いたいところだが!あえて、敬遠されがちなバスフィッシング、しかも池原・七色でこの時期バスはどんな行動をしているのだろう?行動パターンを踏まえた上で、1尾のバスへのアプローチを解説してみたいと思います。

初冬の水温は10℃を下回ることは稀で、活発に動くバスは少なくない!初冬でもバスは活発に動き回るさて、ウインターバスフィッシングの時期とは言っても12月の動きと、2月の動きは大きく違っている。12月(晩秋から初冬にかけて)は、水温も10℃を下回ることは少なく、活発に動き回っているグループも多く存在する。この行動は非常に読みづらく、ベイトフィッシュについてあちらこちら回遊するグループもあれば、ある一定の範囲内を定期的に回遊するグループなど多岐にわたる。

この回遊行動は、水温が下がる晩冬にかけて、徐々に行動範囲が狭くなり、居心地のよいエリアにいる時間が長くなっていくものと思われる。
また、ある意味適水温に近い初冬でも、若干の移動はしているだろうが、ディープエリアでじっとしているバスも多くいる。これが、池原・七色の最低水温となる、2月下旬頃になると、さらにこの傾向が強くなり、目の前にルアー、リグをプレゼンテーションしてもなかなかバイトしないといった状況になる。

しかし!真冬とはいっても、風もなくポカポカした小春日和に日には、シャローへ上がってきてボイルすることもある。逆に、北風が強く表水温が下がる日などは必然的にベイトも下がり、釣りづらいといった状況になるのである。要するに、その日の天候状況によっても行動パターンは大きく変わるということである。

ただ、リザーバーの場合、水の当たり方によって反転流があるエリアもあるが、基本的には必ず上流から下流に向けて水の動きが生じる。もちろん、その日の天候、そのエリアの水質など他の要素も絡んでくるが、低水温時期でも水の動きは大きなファクターであることは間違いないようだ。
とは言ったものの、言葉でいうと簡単そうに思えるが、やはり寒さも厳しくバイトも多いわけではないので、集中力も途切れてしまうのがこの時期だ。それでも、キャスティングとかそういう意味ではなく、バスそのものを探す意味でバスフィッシングの腕を上げられるいい時期なので、本当にバスフィッシングが上手くなりたいと思っているアングラーは、是非この時期バスフィッシングをやっていただきたいと思う。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんばんは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口