釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

初冬のリザーバー攻略:アプローチレンジを理解する

藤原組長のフィッシング講座 初冬のリザーバー攻略

各エリア、ポイントへのアプローチだが、シャローを攻めるのかディープを攻めるのかで大きく違ってくる。まず、シャローで、回遊グループを狙うのであれば、やはり、巻物系主体のルアーが有効だろう!ルアーセレクトは、そのときの状況によって、トップで攻めるのか、ディープクランクで攻めるのか違ってくるが、基本的にはスピーディーに岸と平行にできるだけ長い距離をだ。

岬周辺で待ち伏せするのであれば、ドロップショットリグやテキサスリグなど、ソフト系主体となる。ポイントへのアプローチは、シャロー狙いの場合は距離をとって。ディープ狙いは魚探を見ながら真上からダイレクトに攻めてもいいだろう!
この場合は、ドロップショットリグやジギングスプーンが有効なリグ(ルアー)となってくる。

ディープフラットを攻めるならボトムは確実に取ろうさて、なれていないと最も難しいのは、ディープフラットエリアの攻め方だろう!しかし、基本さえしっかり押さえていれば、比較的簡単で何ら難しい技術も必要としないので、是非マスターして欲しい攻め方だ!リグやルアーは、スプリットショットリグ、ドロップショットリグ、ライトテキサスリグなど引っかかりにくいライトリグや、ロングビルミノー、スピナーベイト、ディープクランクなど。

リグやスピナーベイトの場合は、キャスト後、まずきっちり底を取ることが大切だ。このとき、着水後すぐにベイルを反すのではなく、底が取れるまでラインを出しておく。その後は、エレキをゆっくり前に動かしながらドラッキングしていくだけ。このとききっちり底を取っておくことさえすればいいのだ。

なれないうちは雲をつかむ感覚なので、最初からライトリグで攻めるのではなく、スピナーベイトやテキサスリグなど底を取りやすいものから始めてみよう。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口