釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

極寒期のリザーバー攻略:極寒期のリザーバー攻略

藤原組長のフィッシング講座 極寒期のリザーバー攻略

皆さんこんにちは。池原・七色ダムレンタルボート店スポーツワールド“組長”こと藤原です。
初冬のリザーバー攻略は参考になりましたか?前回は、秋から冬に移行するパターンを解説したわけですが、どちらかといえば秋パターンの色が強くいうえアプローチも色々とあり、今ひとつ掴み所がなかったのではないかと思います。
さて今回の講座は、1年で最も水温が低くなる2月。この時期は例外的なフィールドを除き、全国どこのフィールドでも非常に厳しい時期ではないでしょうか?この極寒期でのバスへのアプローチを解説してみたいと思います。

どんな時期でも生きる為には捕食する極寒期のスポーツワールド桟橋池原、七色ダムでも例外ではなく、なかなか一筋縄ではいかないシーズンである。というより、パターンもくそもあったものじゃない。ありとあらゆる所へ行って、ありとあらゆることをやってもバイトすらないなんてことはしょっちゅうだ。もっとも、人間もそうだが、暑すぎたり寒すぎたりすると、ぐったりしたり、朝、なかなか布団から出られなくなった経験は誰しもあるはずだ。バスも同じ。しかし、夏の暑すぎる環境下では、バックウォーターやインレットなど比較的涼しい所へ行けばいいが、冬の寒い時期に暖かい所はほとんど皆無といってもいいので動こうにも動けないのが現状ではないだろうか?

となれば、なかなか布団から出られない状況となる。この布団の例えが、池原ダムであれば、スタンプや立木、大岩となる。七色ダムの場合は、もちろん立木なども考えられるが、ウィードというまたとない良い布団があるのだ。まさにこの時期のバスたちは、これらストラクチャーにべったり寄り添っていたり、ウィードの中に潜り込んでいるのではと考えられる。

ところで、冬のバスフィッシング=ディープの釣り、とイメージしている方も多いと思う。もちろん、ディープ(10m以深)の展開も考えられるし、バスもこの水深にいることは事実だ。ここ数年池原、七色で釣りをしてきたが、この時期ディープにも40cmを越える良型サイズもいるにはいる。しかし、圧倒的に小型サイズが多いように感じられるのだ。さらに、シャローにいるバスは難しいが、ディープのものよりコンディションは明らかにいい。

ともあれ、寒い時期とはいえ、何も食べないで生きてはいけないので、必ず釣れるはずである。それでは、エリアの選択、アプローチの仕方など順次見ていくことにしよう!

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんばんは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口