釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

極寒期のリザーバー攻略:バスはどこにいるのか?

藤原組長のフィッシング講座 極寒期のリザーバー攻略

さてまずは、最も重要なエリア及びポイントの選択だが、例えば、この世に必ず釣れるルアーがあるとしよう。しかし、まったくバスがいないエリアやポイントへこのルアーをプレゼンテーションしても釣れるはずがない。そう、ルアーやリグを考える前に、今バスはどんな動きをしてどんな所にいるのかを先に考えなければならない。そうすると必然的にルアーやリグの選択肢は狭まってくるはずだ。

池原ダムと、七色ダムとでは状況がかなり違っているので、それぞれに分けて解説していくことにしよう。

池原ダムのシャローでは岩盤質が◎以前にもお話したことがあると思うが、僕の中では、池原ダムのようなクリアーかつ急深リザーバーでは、8m位までをシャローと考えてもいいのではないかと思う。とはいえ、やはり肝となる水深は、5m前後までではないだろうか。

エリア的には、この時期でも水の動きが生じるアウトベンド。そこから延長される下流の岬までで、岩盤質や大岩があるポイントだ。さらに、そこに立木やスタンプが絡めばなお良いだろう。

はっきりした理由はわからないが、秋から冬(厳冬期も含め)にかけて、良型バスが岩盤質につく傾向が見受けられる。なんとも居心地がいいのだろうか?はたまた、ベイトが止まりやすく捕食しやすいのだろうか?

池原ダムのディープでは北山川本流(白川筋)が◎池原ダムでのディープはやはり、10m以深。そのときの水位によってエリア選択が大きく変わったりするが、肝となるのは、フラット部分があるということ。例えば、北山川本流(白川筋)の段々畑や住居跡エリアでは、このフラットに石垣のブレイクやコンクリートのストラクチャーなどが絡んでいる。さらに白川大橋周辺では、引っかかった流木や石垣、旧橋脚跡など意外と変化に富んでいる。

魚探が必携のアイテムとなるが、単にバスを釣るという意味ではシャローよりはるかに確率が高いエリアといえるので、狙ってみる価値はある。

七色ダムのウィードエリアで水温6℃以下は×池原ダムと大きく違う所は、ウィードというベジテーションストラクチャーが絡むところだ。さらに、水位変化がほとんどないので、立木も倒れずそのまま残っており、複雑に入り組んでいる。

選択するエリアは、池原ダム同様、水の動きのいいアウトベンドからその下流側岬までで、岩盤+立木エリア。このエリアのウィードは水が動くこともあって今の時期でも生き生きとしている。水深はやはり5m位までだろう。ただ、厄介なのは、このウィードの中にバスが潜り込んでいるということ。水温が比較的高い日などは、ウィードから出てくるだろうが、最低水温の6℃位になると、目の前に来ても喰わないといったことになる

七色ダムのディープではスポーツワールド桟橋付近が◎水深は、8m以深。こちらも池原ダム同様、ディープフラットに大岩やブレイクが絡み合うエリアがいいだろう。例えば、弊社桟橋周辺は最深部で約11m。大岩が点在し、畑の跡と思われる石垣も一部にある。さらに左に大きくベンドしており、水の動きもある。大型バスの実績こそ少ないがバスの密度はかなり濃いエリアだ。
寒く移動が億劫になるこの時期にもってこいのポイントではないだろうか?

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんばんは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口