釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

プリスポーン期のリザーバー攻略:プリスポーン期のリザーバー攻略

藤原組長のフィッシング講座 プリスポーン期のリザーバー攻略

皆さんこんにちは。池原・七色ダムレンタルボート店スポーツワールド“組長”こと藤原です。
今年の冬はポカポカしていて釣りに行こうかな?と思う日が多くていいですよね!気温だけじゃなく、今年は水温もかなり高めでバスの動きも早いように見受けられます。

さて、毎度のように言っていることですが、いつの時期にバスを狙うにしても、そのフィールドでこの時期バスはどのような行動をしていて、どのエリアにいるのかをまず考えなければなりません。
要するにルアー(リグ)の選択の前に、どのエリアでどのような状態のバスを狙うかを選択するほうが先ということ。これはいつの時期でも基本中の基本なので忘れないでください。もっとも、これはあくまでもバスの動きをちゃんと理解した上でのお話で、この時期のバスはどのような行動を取っている(取ろうとしている)のでしょうか?それをこれから順を追って解説していきましょう。

温の上昇に伴いスポーニングを意識するウィードは産卵場所になりやすい3月も中旬を過ぎると、それまで最低だった水温も徐々に上がり始めてくる。すると、じっとしていたバスたちも徐々に動き始めてくる。さらに水温が上昇傾向になると、スポーニング(産卵)を意識しはじめてくるのだ。いわゆる、スポーニングの前段階、プリスポーニングの状態である。

ところで、それまでじっとしていたバスは、さほど餌も食べられておらず、痩せた状態のものが多い。しかし、スポーニングは想像以上に体力を使う行為であるはずなので、プリスポーンの段階は体力をつける段階と言ってもよいだろう。言わば荒喰いする時期でもあるのだ。

この荒喰いをするときが、俗に言う「差し込んでくる」という行動だ。真鯛や黒鯛(チヌ)「のっこみ」も同じようなもの。したがって、産卵(スポーニング)に入る行動とは違うので誤解のないように。

スポーニングはどのタイミングで行われるのか?さて、スポーニング行動は、バスも地球上に生息する生物なので、月と太陽と地球の関係(潮の干満)に左右される。もちろん人も同じだが、人間は知能の高い生き物なので潮の干満だけではないようだ。
ほとんどの方がご存知だと思うが、1年でもっとも潮の干満の差が大きい春の大潮に、産卵行動をとる生物が多いことからも理解できると思う。バスも春に産卵する魚なので、例外ではなく大潮周辺で産卵することが多い。もっとも、地球上に生息するすべての動植物が影響を受けているといっても過言ではないだろう。

やや話が外れてしまったが、スポーニングをする準備段階では荒喰いし体力をつけることは分かった。しかし、どのタイミングで動いてくるか非常によみ辛く、プリスポーンバス攻略で一番難しい所でもある。

さて、タイミングと行動をよみ辛いことはあるが、この時期どのような行動をとるかは理解できたと思う。しかし、これだけで闇雲に攻めていったのでは、広い池原、七色を攻めるには効率も悪ければ時間ももったいない。

では、どのエリアを選択すれば効率よくプリスポーンバスにめぐり合えるのだろうか?

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口