釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

レイクトローリング入門:関西でも盛り上がり始めたトラウトフィッシング

藤原組長のフィッシング講座 レイクトローリング入門

皆さんこんにちは。池原・七色ダムレンタルボート店スポーツワールド“組長”こと藤原です。
そろそろ、日によっては暑いときもあり、肌を露出しがちになる時期だが、紫外線(UV)がもっとも強い時期でもあるので、気を付けましょう!

いよいよ本格的にスポーニングシーズンに突入したようで、バスのいい釣果が報告され始めました。
皆さん、はたしてプリスポーン時期うまくリザーバーを攻略できましたか?
プリスポーンのバスは動きが読みにくく、差してくるエリアは分かっているのに、喰ってくれないジレンマに翻弄されているアングラーも多いと思います。ともあれ、プリバスは難しいが、はまれば爆釣なんてこともあるし、何よりコンディションが抜群にいい!難しいだけに釣ったら感動も大きいので、前回のプリスポーン期のリザーバー攻略を参考に諦めず追求してください。

関西でも盛り上がり始めたトラウトフィッシング
池原ダム・七色ダムは虎うとの聖地でもあるさて、バスフィッシングアングラーで大いに賑わう、ここ、池原・七色ダムも、実は、バスだけのパラダイスではなく、もう一つのターゲット!トラウトのパラダイスでもあるのだ。
最近になって、管理釣り場など関西圏でもトラウトフィッシングが盛んになってきたが、それでも今ひとつ盛り上がりにかけるところがあるのではないだろうか?理由として挙げられるのが、まずフィールドの少なさだろう。やはりアングラーの欲から言えば、始めて間もない頃や、禁漁期間中は管理釣り場で鍛え、その後実際のフィールドへと行きたい所だが、関東圏であれば、中禅寺湖、銀山湖(奥只見湖)、芦ノ湖、富士五湖エトセトラ・エトセトラ…と結構フィールドに恵まれている。

さらに、対象魚種も豊富で、レインボートラウト(ニジマス)にブラウン、ホンマスやヒメマス、イワナ、究極のレイクトラウトと上げていけば限りがない。

ところが、関西圏では…う~むっ?琵琶湖?…ビワマス…?と言ったところが現状ではないだろうか?と、これは僕の分析で、もちろん渓流の釣りは含まれていない。しかし、明らかに関東に比べ湖でトラウトフィッシングを楽しんでいるアングラーは少ない。まさに知る人のみの楽しみとなっている。

そこで!コラボレート企画第5弾は関西圏では数少ないトラウトレイクの紹介と対象魚の狙い方であるレイクトローリングについて解説してみよう。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口