釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

レイクトローリング入門:池原ダム・七色ダムはトラウトの聖地

藤原組長のフィッシング講座 レイクトローリング入門

ヤマメとアマゴの親密な関係ヤマメとアマゴの生息域さて、日本固有の渓流魚、ヤマメ、アマゴは皆さんもご存知だろう。その美しさから渓流の女王とも呼ばれ、トラウトファンから最も愛されている魚の一つと言っても過言ではないだろう!

見た目の大きな違いは朱点の有無で、無いほうがヤマメで有るほうがアマゴだ。
このヤマメとアマゴはパーマークなど似ているところも多い上に、日本に古くから生息する固有種でもある。
しかし、その生息域ははっきり別れていて、本州では、神奈川県以北の太平洋側から日本海側島根県から福岡県の一部までがヤマメの生息域である。それに対し、神奈川県以西の太平洋側に流れる河川がアマゴのテリトリーなのだ。

したがって、関西圏で太平洋側に流れ込む河川はアマゴということになり、池原、七色も例外ではない。

ヤマメ、アマゴ共に、アブラビレを有する鮭鱒類に属し、海に降りる性質を持っている。鮭のようにそのほとんどが降海するのではなく、陸封型の個体も多く存在する。さらに、南に行けば行くほど河川にとどまる陸封型が多くなるようだ。ちなみに、ヤマメの降海型をサクラマス、アマゴをサツキマスと呼び、紀伊半島ではサツキマスをノボリと呼んでいる。もっとも、途中で降るのを止めるサボリ…もいるようだが。

池原ダム・七色ダムのトラウト認知度はまだまだ低い少なからず、ダムができるまでは海まで降っていたアマゴだが、ダムができた今では、降ろうにも降れないのが現実で、降ろうとした個体はダム湖に留まざるを得なくなってしまう。

そこで、海に降ろうとしたアマゴは、海水に対応しようとする(浸透圧調整)ため、体を変化させる。これを銀化と呼び、鮮やかなパーマークや朱点が見えなくなり、銀ギラ銀のこれまた美しい魚体となる。さらに、ダム湖を海と見立てて擬似降海するため、銀化したノボリ(サツキマス)はダム湖内で大型化する。

48cmの良型ノボリ(サツキマス)
50cmのブラウントラウト

本来であれば、海に降ったノボリが育った河川に帰ってくる行動、つまり帰川するのは、産卵のためのみで帰ってくるので、餌を捕食することはない。しかし、ダム湖の場合、ノボリと言うよりクダリの途中なので体力をつけるため餌を食べるのではと考えられる。最終的には海にたどり着けないので、餌を食べ続け?ダム湖内でさらに大型化し、またとない釣りの対象魚となっているのではないだろうか?

もっとも、実際に降海したノボリでも、産卵場所まで距離があるため道中餌を捕食しているようである。これについてはその河川の状態にもよるので、これ!というものはその場その場で違っているようだ。

ともあれ、もともとは放流のアマゴかもしれないが、ダム湖内に擬似降海したノボリはほぼネイティブと言ってもいい魚だろう!キャスティングではなかなかお目にかかれないところもあり、長年池原・七色ダムに通っているバスアングラーでさえ、その存在を知らない人も多い。
池原・七色ダム湖は、こういった意味でもまさに聖地なのだ。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口