釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

レイクトローリング入門:レイクトローリングのポイント

藤原組長のフィッシング講座 レイクトローリング入門

レイクトローリングのポイント
池原・七色ダム湖がトラウトの聖地でもあることはご理解いただけたかと思う。では、実際にその美しいノボリに出会うにはどうしたらよいのだろう?

バスフィッシングをしていてなんだか銀色のマスみたいな魚を釣った経験の方もいると思うが、それをノボリと判断できる人は非常に少ない!これはやや寂しい所なのだが、事実、変な魚を釣ったんだけど何?って言うアングラーは実に多い。ルアーフィッシングはバスフィッシングだけじゃないですぞ!皆さんもう少し勉強しましょうね!少々愚痴ってしまったが、キャスティングではそうそうお目にかかれない魚だ。

そこで、効率よく狙える方法が、レイクトローリングというわけである。関東圏の方はご存知の方も多く、芦ノ湖や銀山湖、中禅寺湖などで特に盛んだ。実は僕も関東に住んでいた頃、この釣り方を覚えた。自慢にはならないが、イワナは54cm、レイクトラウトは70cmのレコードを持っている。

基本的には関東でのスタイルとほぼ同じタックルで可能だが、バスフィッシングなどキャスティングとはまったく違ったスタイルなので、これから始めてみようと思われる方は一からタックルをそろえる必要がある。タックルについてはリバースで取り扱っていくので、今後の参考にしていただきたい。

ともあれ、湖上での釣りポイントを解説してみよう。

レイクトローリングでのぼりを狙おう
レイクトローリングにはボードで出るもちろんトローリングをするわけなので、エンジンボートで出ることが大前提となる。僕が通常使っているのは、弊社でもっともスタンダードなアルミボート14フィート15馬力だ。

このクラスのエンジンで、アイドリングよりやや速いスピードがトローリングスピードなので、小回りが利くこのクラスのボートが一番使いやすいだろう。

さらに、Vハルボートなので、少々の風が吹いても問題はない。他にも、12フィート9.9馬力などラインナップもそろっているので、問い合わせて確認していただきたい

さて、肝心の引っ張り方だが、慣れてくれば、4本のタックルを長さを換えて出すことができるが、慣れないうちは1本でもアタフタしてしまう。池原、七色には目に見えない立木も多いので、慣れてきても2本くらいが効率がいいだろう。

コースは人それぞれで、僕は、基本的に岸に近い所を岸に沿って引っ張る。もっとも重点的に引っ張るエリアは、各筋との合流点や大規模な岬周辺だ。エリアと共に重要なのが、ルアーを通していくレンジ(水深)だ。

2本のタックルを出すのであれば、左右でレンジを換えて引っ張っていくと、よりその日のパターンを見つけやすいので、例えば右を5色(50ヤード)にして、左を3色にするといいだろう。この場合、岸側を3色にすると根掛りも少なくより効率的に探っていける。さらに、左右で違うルアー(ミノーとスプーンなど)を付けてみてもいいだろう。

各筋との合流点や大規模な岬周辺がポイントともあれ、引っ張り方の選択肢は様々で、一見単純そうな釣りだが、突き詰めればかなり奥が深い。はまっていけば、やれ魚探だのダウンリガーだのとんでもないことになってしまう。

ノボリの美しい魚体はなんとも言えないのは事実。さらに、良型ノボリは非常に美味!淡水魚ながら刺身は絶品!こんな楽しみもあるので、興味がある方は、ガイドで体験してみてはいかがでしょう?

最後に、どのようなタックルかオーソドックスなものを解説してみよう。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口