釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

レイクトローリング入門:タックル選びの基礎知識

藤原組長のフィッシング講座 レイクトローリング入門

ロッドやリールはトローリング専用がベストロッドは、日本製・外国製様々だが、最近は低弾性カーボンやチタンSiCガイドの採用で、より軽く使いやすくなっている。

少し前までは、グラスファイバー製やカーボンコンポジットロッドが主流だったが、最近はカーボンロッドに変りつつある。長さは、10ft前後のものが主流で、置き竿釣法に使うマダイ竿やヒラメ竿も使えなくはないが、やはり専用のトローリングロッドに勝るものはないだろう。

特にリールは専用ラインを使うため、これには代用品がない。
主流はなんといっても『アブガルシア:アンバサダー 6500C』以上のクリック付きトローリング専用モデルが望ましい。使うラインの太さや巻く量に応じて番手を選べばいいだろう。
もっとも、池原ダム、七色ダムでトローリングをする場合、それほどラインを出さないので『アブガルシア:アンバサダー 7000C』位までで十分だ。

ラインは鉛の入ったレッドコアライン
ラインは、トローリング専用のレッドコアラインと呼ばれる鉛の芯が入ったラインを使う。
このレッドコアラインは10ヤードごとに色分けがされていて、通常のトローリングスピードで引張った場合、ラインの太さにもよるが18ポンド1色で約1.5m前後沈むようになっている。
例えば3色(30ヤード)出していれば、3~4.5mの水深を引っ張っているということになる。12、18、27ポンドまたそれ以上の強度もあるが、メーターオーバーのレイクトラウト等を狙うわけではないので、あまり太いラインは必要ない。太いラインは、かえって取り扱いにくくなるので、あまりおすすめでもない。

いずれにしても、バッキングライン(下巻き)にレッドコアライン12ポンドか18ポンドを100ヤード(10色)も巻けば十分だろう。ちなみに、12ポンド100ヤードで『アブガルシア:6500C』が、18ポンド100ヤードで『アブガルシア:7000C』がベストマッチだ。
また、環境に配慮した、鉛のコアを使わない、ノンレッドコアラインというものもある。比重がやや軽いためかレッドコアラインより浮き気味になるようだ。今後はこういったラインが主流になってくるのかもしれない。

ラインシステムでオリジナリティーを出そう
レッドコアラインにそのままルアーは付けられないので、リーダーを付ける必要がある。リーダーは、その人その人によって様々なので、あくまでも僕が通常やっている例で説明していく。

レッドコアラインに付けるリーダーはフロロカーボン12ポンド~16ポンドを約三ヒロ取る。レッドコアラインの強度に応じ、選択すればいいと思うが、これもやはり、あまり太いリーダーはルアーの動きに影響してくるので、この範囲がいいだろう。僕は比較的長くリーダーを取るので、伸縮率の低いフロロカーボンを使用する。ここのリーダーについては、色々やってみて自分にあった素材、太さや長さを決めればいいのではないだろうか。

ドジャーのサイズは、0番がもっとも大きく、0000番(ヨンゼロとかフォーオーと呼ぶ)がもっとも小さい。0000番は0番の1/4の大きさだ。ちなみに、0番のサイズは、長さ約20cm、幅約7cmにもなる。カラーもベーシックなシルバー、ゴールド、カッパーのほか、いろいろな色にカラーリングされたものや、ハンマードされたものまで様々ある。色々試してみるのも面白いだろう。

反射板(集魚板)はドジャーのほか、ヒメペラなどこれまた様々なので色々研究してみるのもいいだろう。もちろん、ドジャーを付けず、ストレートにルアー(リーダーのみ)を付ける場合もある。僕は、ほとんどのシュチュエーションで、0000番か000番のドジャーを付け引張っている。

実はまだこれで終わりではない。この下、つまりドジャーの下にもリーダーを付ける。ここにはナイロンリーダーを付ける場合が多く、ルアーによって長さを決めている。
強度は、上のリーダーよりやや細い、6ポンド~10ポンドで小さなルアーの場合は動きを殺しにくい細めのリーダーを使う。長さは、ミノーなどのときは、20cm~30cm。スプーンを使うときは50cm~80cmとやや長めだ。ドジャーを使わずストレートでルアーを付ける場合も、上のリーダーとの間にスイベルをかましリーダーをとる。この場合、下のリーダーはやや長く1m程とっている。

いずれの場合でも、レッドコアラインとリーダーのつなぎ目を除き、すべてのつなぎ目個所にスナップ付きスイベルをつける。これは、トローリング中かなりのヨレが生じるため、少しでも防止するためのもので、できることなら少々高価だが、ボールベアリングのスイベルをおすすめする。サイズは、ドジャーやルアーに適合したサイズでOKだろう。

ルアーは小型のスプーンかミノーを選択
ルアーは小型のミノーやスプーンが主で、ミノーなら5cm~9cm。大型ノボリやブラウントラウトを狙う場合は、12cmクラスも用いる。

僕がよく使っているルアーは、『ジャクソン:アスリートミノー(各サイズ)』『ジャッカル:タイニーフライ』そして『ジャッカル:スクワレル61』。意外と面白いのが『ジャッカル:ハマクル(オリジナルサイズ)』『ジャッカル:ウォーターモカシン』などのトップウォータープラグ。
リップのないルアーはドジャーの動きでかなりイレギュラーな動きを出し、大型のノボリに効果があるようだ。
また、エラストマー素材の『ジャッカル:マスクシリーズ』もナチュラルな動きがいいようで、ストレート引きのとき効果がある。

さらに、レイクトローリングミノーではずせないのが、『SaitoMinnowCraft:各種ミノー』。ネットのみで販売しているルアーでやや高価だが、明らかに釣果に差がでる優れものだ!
ミノーと同じくよく使われるのがスプーン。僕が好きなのは『アブガルシア:トビー』で4gがベストなのだが、廃盤になっているようだ。現在は7gからのラインナップになっており、一度は使っていただきたいルアーだ。

スプーンを使う場合の注意点として、必ずシングルフックに交換すること!しかも、スプリットリングに直接フックを付けるのではなく、ケブラー糸が付いているフックを使ったほうがなおいい。この方が自由度がありフッキングが増すのだ。またバレる率も下がるのでぜひ交換してほしい。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口