釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

バスフライサーフェイスシステム入門:フライキャスティングのコツをつかもう!

藤原組長のフィッシング講座 バスフライサーフェイスシステム入門

初めてのエギングタックル選びもこれで安心まず、バスアングラーがつまずくのがこのキャスティングで、最初はどうしても近くに“フニャフニャ”と落ちてしまいます。何度やってもうまくいかず、ここで挫折してしまう人も少なくありません。なぜ、上手くキャストできないのでしょう?

適度な長さで硬めのロッドをチョイス
そもそも、フライフィッシングは非常に軽いものを少しでも遠くにプレゼンテーションしていく釣りです。フライの世界では非常に大きなマジックミノーをしても、ルアータックルでキャストすることは不可能です。もちろん、飛ばし浮き状のものをセットしキャストする例外はありますが、基本的には軽すぎて無理です。

そこで、フライの場合そのライン自体に重量を持たせ、ラインをキャストすることでその先についているフライを飛ばしています。だから、あんなに太いラインが使われています。しかし、ルアーをキャストするのと同じようにキャストしたのではフライとて到底飛距離がでるものではありません。したがって、ロッドの反発力とフライラインの自重を利用し、前後にロッドを振りながらラインを繰り出してキャストするのがフライキャスティングのメカニズムです。

水平に構え後ろに振りかぶる
反発力を利用して前方へキャスト
ラインを目視しポイントへ落とす

そう!この前後に振りながらの部分が一番難しいところで、これさえクリアーできればもうこっちのものです。
なぜ難しいのかというと、皆さん!ルアーをキャストするときのことをちょっと思い出してみてください。

まず、自分の前に水平に構えたロッドをキャストに移行するとき、後に振りかぶります。これをバックキャストといいますが、後に振りかぶったロッドはその反発力を利用し瞬時に前方のキャスト(フォワードキャスト)に移行します。

もうお分りの方がいると思いますが、ルアーキャストに慣れている人はバックキャスト後、瞬時にフォワードキャストに移行する癖がついています。癖というか、ルアーキャストはこうすることが普通なのです。この感覚のままフライキャストをしてしまうので、どうしても“フニャフニャ”となってしまうのです。
ここがルアーとフライの大きな違いのひとつで、フライの場合バックキャストをしっかりとって、ライン、リーダー、ティペットにいたり伸びきる直前まで我慢する必要があります。

これはフォワードキャストでもいえることで、ラインにしっかりパワーを持たせなければフライはうまく飛んでくれません。もっとも、フォワードキャストの場合は自分の前方に飛んでいき、ラインの状態を目視できるので、比較的失敗はありません。

Alt=軽快に使える小型スピニングリール軽快に使える小型スピニングリール
さて、ロッドを手にして早くフィールドに出たいところですが、うまくキャストできなければ面白さも半減してしまいます。まずは、しっかりキャストできるよう練習しておきましょう。

その練習方法ですが、お手持ちのロッドにシステムを全て組んでもいいのですが、陸上でやる場合、せっかくのラインが傷ついたりするので、1.5mほどの棒(折れたルアーロッドでも可)に2mほど毛糸をつけて、自分の前で水平に横に振って8の字を書くようにしてみましょう。

このとき気をつけるのは、振り幅を大きくしないこと!
真正面を12時とすると、せいぜい10時から2時の範囲で振るよう心がけます。これがうまくいくようになればロッドに持ち替え、同じようにやってみましょう。

実際にフライをつけて練習すると危険なので、毛糸など目印になるものを着けておくといいでしょう。振り幅を小さく、ラインが伸びきる直前まで我慢してやってみてください。

水中での動き感覚に強いPEライン
さあ!これがコンスタントにできるようになれば、後はこの動きを縦に変えるだけです。いよいよ、実際にフィールドにでる日も近いでしょう。もう、魚を手にしたも同然。というのも、キャスティングさえ克服してしまえば、後はいたって簡単。ロッドストロークでマジックミノーをリトリーブするだけ。リトリーブすることによりバスをcallupさせ、チェイスさせます。クリアーな池原・七色ダムでは目視できるので、追ってきたのを確認し、止めてやります。これで後はもうバス任せ。早合わせしないようにフックアップさせてください。

まだ、半信半疑でしょう。では、実際に映像を見てください。バスフィッシングの楽しさが倍増することは間違いなしですから!

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口