釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

ボートエギング入門:季節ごとに見るイカの行動とサイズの違い

藤原組長のフィッシング講座 ボートエギング入門

季節ごとに見るアオリイカの行動とサイズの違い二重三重に楽しいアオリイカ釣りだが、適当に釣れそうな場所に行って適当にやって・・・でもいいといえばいいのだが、やるからにはその生態や、もっともい い時期など知っておくと、釣果が伸びたりサイズアップがはかれる。そこまで深くは考えない!という方はよく釣れる時期だけでも覚えておいてほしい。

アオリイカは夏を基準とした一年魚さて、各紙面などをにぎわしだすのが関西圏であれば9月頃からで、数的なピークは10月頃。しかし、アオリイカの釣期は一年中といっても過言ではなく、サ イズや数に差はあるものの周年楽しめる釣りなのだ。時期的に追っていくと次のようになる。

季節で見るアオリイカの成長

(3月~5月)
夏の産卵を控え、バス同様体力をつけるため果敢に餌を獲るようになる。いわばプリスポーンの時期だ。基本的に一年魚のアオリイカはこの時期が最大サイズで、1キロオーバーは珍しくない。時には2キロ、3キロオーバーの化け物アオリが出ることも。ただし、数も少なく釣れない可能性があるのも事実。

(6月~8月)
産卵期に入ったアオリイカがペアリングし浅場に上がってくる。その場所にもよるが水深10m以浅の砂混じりの岩礁帯の藻(海草)に産卵し、産卵後の親イカはその一生を終える。藻に産卵し、その周辺に付くことが多いことから別名『モイカ』とも呼ばれる。ともあれ、できればこの時期の釣りは避けたいものだ。時期的にも他の好ターゲットが多い時期なので、そちらを狙っていただきたい。

(9月~11月)
卵からかえったアオリイカが釣りのターゲットサイズになる時期で、俗にこのサイズを新子と呼ぶ。サイズ的には通称『コロッケ』と呼ばれる小型サイズが多いがそのぶん数釣りも楽しめる時期。食べると柔らかく美味しいのだが、あまりにも小型サイズは乱獲にもつながりかねないので、リリースするようにしたいところ。数ある資源なので大切に楽しむようにしよう。

(12月~2月)
アオリイカもブリなどの青物同様、一潮で一回り成長するといわれており、この時期になると『コロッケ』から『トンカツ』さらにはキロ弱、キロオーバーと良型が顔を出し始める。水温が急低下し一時的にエギでは狙えない水深まで落ちてしまう時もあるが、秋同様もっともいい時期と言っていいだろう。

もっともこれは関西圏を中心とした一年の動きで、そのエリアの海水温度にもかなり左右される。ただ、アオリイカというものは暖流系のイカで、日本では宮城県以南に生息しているといわれており、より暖かく餌の豊富なところでは大型化する傾向があるようだ。また、前述した通り基本的には夏に産卵を終えると死滅してしまう、いわゆる一年魚だ。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口