釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

ボートエギング入門:アプローチの仕方とルアー操作とキャスティング

藤原組長のフィッシング講座 ボートエギング入門

アプローチの仕方とルアー操作とキャスティング
おおむねアオリイカの生態は分かっていただけたかと思う。さてここからが本番!
実際に釣行となるわけだが、タックルなどはこの後じっくり説明したいと思う ので、ここでは割愛する。順番が逆かもしれないが、あえて釣り場選びと釣り方についてレクチャーしてみよう。

エギングは陸っぱりでも十分に楽しめる
アオリイカのエギングは陸からでも楽しめるまず釣り場選びだが、アオリイカのエギングをする人のほとんどは陸からの釣りで、俗にいう陸っぱりが主だろう。もちろん昼夜どちらでも可能な釣りなので、自分のスケジュールに合わせて行けばいいと思う。ポイントとしては、先にも書いたように、砂混じりの岩礁帯や藻場につくイカなので、このような場所で釣ることが大前提となる。

何度か釣りに行ったことのある人と一緒であれば間違いなくそのポイントに連れて行ってもらえるが、まったく初めての人はどこに行ったらいいか分からない場合がある。そこで、まず観察していただきたいのが、その周辺にイカの墨跡がないか?ということだ。

当然墨跡があれば過去にそこでイカが釣れた証拠なので、自信を持って釣ればいいと思う。ただし!そこで釣れるか釣れないかはその時の運とあなた次第だ!

ところで、陸っぱりの場合、マイカーで行くという方が多いと思うが、ポイントは得てして漁港であったり民家の近くだったりする。当然のことだが、迷惑となる駐車や不要なエンジン音で周辺に迷惑をかけることのないよう心がけたい。また、立入禁止場所への侵入やゴミの放置などもってのほか。足場が滑るところも多い上に、夜の釣りとなると視界が悪く海への転落も考えられる。陸っぱりだから大丈夫!とたかをくくらずライフジャケットの着用も忘れないでおこう!

フットワークも倍増!エリアも拡大!船から楽しむボートエギング
ボートからアオリイカを狙う「ボートエギング」 さて、もう一つアオリイカを狙える釣り場選びがある、もっとも釣り場選びというとニュアンス的にちょっと違うのだが、それがボートから狙う釣り方で、その名の通り『ボートエギング』という。

利点は多くあり、まず第一にフットワークがいいので、短時間にいろいろなエリアを狙うことが可能ということ。陸っぱりでは狙えないポイント(水深)やエリアも攻略可能といったところだ。

ただ、バス釣りなどダム湖や天然湖での釣りはレンタルボートなど完備されていたり、マイボートの持込みが可能なところなど比較的ボートからの釣りが容易で、ポイント選びは自分の思いのままやれる。しかし、海の釣りとなると、レンタルボートが完備されているところは非常に少なく、マイボートを係留しておくところも少ないのが現状。

したがって、ボートエギングとなるとそのほとんどがガイドチャーター船となり、ポイント選びはガイドさんや船長さん任せとなる。もちろん、あそこに行きたいとかのリクエストは受けてくれるだろうが、その時の状況もあるので、ガイドや船長に任せたほうが釣れる確率の高いところに連れて行ってもらえる。このあたりからも、お手軽にということがうかがえる。

さて、フットワークもよく、より広範囲を狙え、陸っぱりよりも有利でお手軽なボートエギングだが、やや難儀なところもある。まず、海が荒れ、波が高いと出れないということ。もちろん、船に弱い人はなおさらで、それこそ釣りどころではなくなる。それと、陸っぱりに比べ、やや深いレンジを釣るため、なれないうちはなかなか底の感覚が分からない点だ。さらに、狭いボート上での釣りなので、キャストには十分注意が必要。ボートも揺れていて足場も不安定なので、思った以上に疲れることもある。

ボートの揺れに関しては慣れもあるのだが、そうそう頻繁に釣りにもいけないので、船に弱い方は酔い止めなど準備しておいた方がいいだろう。もっとも、「気は持ちよう」という部分もあるので、酔い止めを飲んだから大丈夫!と強く思うことも酔わない秘訣だ。もちろんその時の体調もあるので、前日の暴飲暴食や睡眠不足は避けたほうがいいにこしたことはない。

エギングの基本とは「とにかくまずは底を取ること!」
ピンポイントでアオリイカをGET! 次に釣り方だが、基本的にボートエギングを主に解説したいと思う。
ポイントに着くと、その時の潮の速さや風の状況により投錨(イカリを入れること)したり、そのまま流されながら釣り開始となる。

ガイドがいる場合はその指示で投げるポイントに投げるのだが、ピンポイントを狙う場合を除きほぼフルキャストしたほうがいい。

もちろんより広範囲を狙うためだが、それ以外にも、先にも書いた通りやや深いレンジを釣る。うちのガイド船で狙う新宮から勝浦にかけてだと平均水深10m前後、時には17mから20mとかなり深いレンジまで狙うことになる。

これは、この界隈の地形がこうなっているためと、ボートエギングはデーゲームで、昼間に狙うので夜に比べアオリイカもやや深場にいることが多いためだ。

さて、フルキャスト後はリールのベイルを返しカーブフォール。もちろんそれもあり。事実カーブフォールで乗ることは多々ある。しかし、それではせっかくフルキャストしたのにずいぶん距離を損したことになる。ラインを多く出せとは言わないまでも、とりあえずエギが着水したところでフリーに落とし、まずは底を取ってみよう。すると探れる範囲も広がるということだ。

潮があまりにも早くなければ、エギ4号を使った場合、水深10mで40から50カウントで底が取れるはずだ。もしそれでも分からなければゆっくりロッドを横にあおってみるといい。エギが底に当たるのが分かると思う。

さて、肝心なのはここからで、底を取ったまではいいものの、エギを動かさなければイカは乗って(魚の場合、ルアーを食うというが、イカの場合エギに食らいつくことをその様から「乗る」と表現する)くれない。動かし方もゆっくり上にあおり、カーブフォールの連続やあおってあおってカーブフォールなど様々。中でも現在もっともポピュラーな釣り方が一言で表現するとジャーキングだ。

バスフィッシングの場合のジャーキングはロッドを下に向けリーリングをしながら激しく“ジャカジャカ”とロッドを動かす。これと同じ要領で、ロッドを上向きにして“バシッバシッ”と3回から5回ジャークする。その後はカーブフォールまたはフリーフォールさせまた底を取ってもいいし、ある程度までフォールさせたのちまたジャークしてもいい。とにかくまずは底を取ること!ハイシーズンの秋、得てして良型は底近くにいるものだ。

ところで、ロッドの向きがバスフィッシングのそれと逆なのは、バスフィッシングのジャーキングはルアー(ミノーなど)を横または深いレンジに送り込もうと動かす。エギの場合は逆に底から上に向け動かしてくることからこの向きになるわけだ。

さらに、ジャーキング主流の釣り方で、各メーカーのエギもジャーキングする前提で設計されている。このような激しい動きでまともに動くよう設計されているのだから、どんな動きにも対応可能。言い換えれば、どんな釣り方も可能ということだ。

“組長” に聞くキャスティングのコツ
大まかな釣り方はご理解いただけたかと思うが、ここで注意点を何点かあげておこう。まず、キャスト時は周りをよく確認してキャストすること!エギのあのカンナ(エギの針)で引っ掛けられることを想像すると、ちょっと引いてしまう・・・人を釣ることもさることながら、ボートのあちこちに引っ掛けることもある。運悪ければロッドの破損にもつながりかねない。ブルーな気持ちにならないよう気を付けてキャストしよう。

キャスト時の注意点としてもう一つ。皆さん、バスフィッシング時のライトリグや小さなルアーをキャストする時を思い浮かべてほしい。おそらく皆さんこうやっているのではないだろうか?手首のスナップを利かせバックキャストからフォワードキャストへすばやく移行し、低弾道のライナーでルアーが飛んでいく。キャスト時“ヒュン”とか“ピシュ”という音がしているはずだ。

もちろんこのキャストができていればバスフィッシングだけでなくスピニングタックルのキャストは合格なのだが、バスフィッシングを経験している多くの方は、エギングでもこのキャストをしてしまう。というより、こうなってしまうといったほうがいいのかもしれない?

しかし、ちょっと大き目のミノーとさほどサイズは変わらない3.5号や4号のエギとはいえ、その重さは17gから27g、物によっては30gくらいのものまである。これを同じような投げ方でキャストすると、どうなるか皆さん想像がつくはずだ。エギングは、道糸にPEラインを使いそれにフロロのリーダーをつけエギをセットする。そう!もうお分かりのとおり、PEとリーダーの結び目で投げ切れしてしまうのだ。

根掛りによるエギのロストもあるにはあるが、ボートエギングの場合引っかかった反対にボートを回せるので、さほど根掛りは怖くない。しかし、投げ切れはすぐに回収に行っても間に合わないケースがほとんどで、ボートエギングでのエギロストはほとんどがこの投げ切れなのだ。

ではどうすれば?キャストのこつとして、バスフィッシングに使うビッグベイトやヘビーキャロライナリグがあるが、これと同じようにロッドに十分エギを乗せてロッドの反発力をフル活用しキャストすれば、投げ切れはほぼ解消する。事実、僕は投げ切れでエギをロストしたことはまったくない。

さて、快調に腱鞘炎になりそうなくらいジャークを続けていると、いよいよアタリがでる。これはバスフィッシング同様『バイト』と呼んでいるが、ジャークの途中でアオリイカ独特の“ドゥン”とロッドが止まるバイトもあれば、フォール中ラインが“サッ”と走るバイトと様々だ。

いずれのバイトでもあわせは必要で、乗った感触(イカのサイズ)によってスイープにあわせを入れてやるといい。ドラグがでるような大型の場合は抱いた瞬間カンナが刺さってないこともあるので、いわゆるセットフッキングを入れてやろう。ただ、あまり激しくあわせると、イカの足が身切れしてしまい、バラシにもなるので、ほどほどのあわせにしておく。特にイカが触手のみでエギに抱いてきたときはバレる確率も高くなるので、注意も必要。

あとはラインを一定に張ったままゆっくりリーリングで上げてこよう。この時ポンピングで寄せてくるのはご法度!ルアーフックのようにカエシがないエギのカンナでは、ラインが緩むとバレる可能性があるので、あくまでも一定のスピードで寄せてこよう。

船べりまで無事寄せてこれたなら、カンナの掛かり具合を確認し、イカの胴体の方からタモ網(ランディングネット)を入れること!魚の場合はルアー側から入れるが、イカはいわゆる逆噴射で泳ぐので、胴体(上側)からが鉄則だ。

網に入れば一安心。十分に墨を吐かせ、船のカンコ(ライブウェル)などに入れるといいだろう。十分に墨を吐いていないうちにエギを取ろうとすると、イカ墨の洗礼に合うので、これにも注意が必要。一度イカ墨がついてしまうとどれだけ洗濯しても落ちないので、汚れてもいい服で釣るなどしたほうがいいだろう。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんにちは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口