釣りとアウトドアの専門店リバース

釣り具とアウトドア用品の通販はリバースにおまかせ!

ボートエギング入門:初めてのエギングタックル選びもこれで安心

藤原組長のフィッシング講座 ボートエギング入門

初めてのエギングタックル選びもこれで安心最後になってしまったが、エギングに必要なタックルとはどのようなものなのだろうか?ここまで読んでくればスピニングタックルを使うというところは理解できると思う。もちろんバスタックルも流用可能で、両方で使えるものも多くある。ロッドも使えなくはないのだが、できれば専用のものを使うことをおすすめする。では、順を追って解説しよう。

適度な長さで硬めのロッドをチョイス
エギングで使用するタックル7ftから8.3ftのスピニングロッドで、各メーカーよりアオリイカのエギング専用モデルが多数リリースされている。陸っぱりだとどうしても飛距離を出したいがためにロングロッドとなるが、ボートエギングの場合、長すぎるのはかえって使いにくい。激しいジャークも繰り返すので、手首の疲れも考慮すると、7.2ftから7.8ftクラスがもっとも使いやすいといえそうだ。

また、PEラインを使う性質上、ガイドへのラインがらみが頻発する。そのため専用に開発されたロッドのほとんどは、ラインが絡みにくいローダウンのガイドがセットされている。こういう意味でも専用がおすすめなのだ

さらに、最近は軽さも重視され、3万円以上の上級モデルとなると、びっくりするくらい非常に軽いものもある。ロッドアクションも様々で、ボートエギングの深いレンジでエギを動かすことを考えると、硬めのMH(ミディアムヘビー)からEH(エキストラヘビー)がおすすめ。硬いとその分遠くでの操作も楽になるのだ。

軽快に使える小型スピニングリール
1000番から2500番の小型スピニングリールで、PEライン0.4号から1号が100m巻ければOK。バスフィッシングのものと兼用も可能だが、ラインはPEに巻き替えて使うようにしていただきたい。ロッドによっては、ティップ部が重く感じられるものもあるので、その場合2000番か2500番のやや重めのリールでバランスを取るようにすればいい。

ただ、小型リールによってはマグネシウム合金を使った淡水オンリーのものもあるので、必ず海水でも使えるタイプを選択しよう。ドラグ性能に関してはそれほど重要視するものではないが、晩冬から春には時として2キロオーバーのデカアオリがヒットすることもある。こうなるとドラグを出してのやり取りが必要となるので、ある程度のドラグ付きのリールは用意したほうがいいだろう。

ラインは細くて強い高感度のPE
いわゆる道糸だが、これは現在PEラインに替わるものはない。フロロカーボンやナイロンラインでもできないことはないのだが、実際にやってみるとよく分かる。これらのラインではいったい何をしているのかまったく分からないことが理解できるはずだ。

PEラインの号数は、イカのサイズが小さい時などは0.4号でもいいが、推奨は0.6号から0.8号。大潮など潮の早い時などは影響を受けにくい0.6号で0.8号相当の強度がある、より細くて強いウルトラダイニーマなどが特におすすめ!少々高額かもしれないが、そうそう巻き替えるものでもないので、いいラインを使うようにした方がいいだろう。ちなみに、PEラインは細くなればなるほど値段も上がるので、ちょっと頭に入れておいてほしい。

リーダーはフロロカーボンの平行巻き
これも一昔前は、黒のナイロンラインが主流だったが、今ではフロロカーボンラインを使うのが専ら。深場で伸びが少ないラインでアタリを積極的に取っていこうとするスタイルからすれば当然のことかもしれない。

さて、リーダーの長さだが、人によってはロッドの長さ分やそれ以上の人もいる。だが、はたしてそこまでの長さは本当に必要だろうか?リーダーにフロロを使うようになって伸びが少ない分アタリを取りやすくなったとはいえ、長くなればその分少なからず伸びがでてくる。ということは、アタリを取りにくくなるだけでなく、エギを動かしても思ったように動いてくれないことにもつながる。したがって、リーダーを長く取る必要はあまりないのではないだろうか?

それでいて釣果が悪くなったこともなく、不具合を感じたことはない。エギを動かしやすいなど、むしろ利点の方が多いような気がする。実際に僕が取っている長さは矢引き程度だ。

さらに、リーダー選びの注意点は、必ずといっていいくらい平行巻きになったものを購入すること!平行巻でないものは下にいけばいくほどラインがつぶれていて、つぶれたラインは水中でぎらつく。目のいいアオリイカにラインを見破られては元も子もないからだ。

エギのカラーは少なくとも4パターンを揃えよう!
アオリイカ釣りのメインアイテムで、エギを使う釣りからエギングという。サイズも様々で、1号から5号まで様々。重さも5gから40gを超える重いものまでいろいろある。さらに、ルアーのようにカラーがそのまま塗ってあるものや布を巻いてある一般的なエギまでこれまた多様。もちろんカラーバリエーションも豊富なことはいうまでもない。これが各メーカーよりリリースされているのだからどれにしようか迷うのは当然だろう。では、まず基本的に押さえておくところをアドバイスし、それ以上のところは皆さんにお任せするとしよう。

エギを選ぶ時、その地その地のご当地アタリカラーがあるので、一概にいえないところがあるが、紀伊半島周辺で必要な以下のカラーをまず押さえてほしい。

エギングで必要な餌木カラー
  コメント
ピンク系 潮が澄んでいるときに有効なカラーでエギの定番カラー。
※ピンク系にはプレミアムアオリ-Qのマーブルサクラダイなどがある。
オレンジ系 潮がやや濁っている時ややや深場を攻める時有効なカラー。
※オレンジ系にはプレミアムアオリ-Qのバレンシアなどがある。
ブルー系 他のカラーで釣れている時、突然アタリが止まった時などに有効なカラー。
※ブルー系にはプレミアムアオリ-Qのマリンなどがある。
ご当地カラー その地のパイロット的なエギは必携で、紀伊半島では赤地に茶色背のアジカラーが定番とされている。さらに、赤地のエギは朝夕 のローライト時にも有効なカラーなので、ぜひタックルボックスに入れておきたいエギだ。
※紀伊半島のご当地パイロットエギは、アオリーQ大分布巻の#86というアジカラー。

とにかくこの4種がまずはあれば何とかなると思う。例えば夜にも釣行するとなれば、これにホワイトマーブルなどの白系を加えるといいだろう。ここから先の応用は各個人の好き嫌いなカラーにもなってくるので、いいと思ったエギを入手すればいいと思う。

次にサイズだが、ボートエギングの場合得てして深いレンジを攻めることが多い。そのため2号や3号のエギも使えなくはないが、いかんせん着底までかなりの時間がかかってしまう。これではあまりにも効率が悪いので、最低でも3.5号以上をおすすめする。実際僕もそうだが、よっぽどのことがない限り3.5号は使わない。個人的にはヨーヅリのプレミアムアオリーQかアオリーQシリーズを使っている。潮が早い時などはアオラなどフォールスピードの速いエギを使ったりするが、基本的にはほとんど4号だ。

実際それでも新子時期のいわゆる『コロッケ』サイズでも十分4号を抱いてくる。イカは結構獰猛な生き物なので、少々自分よりでかいものにも食らいつく。釣ったことがある方はお分かりだと思うが、エギをしっかり抱いているアオリイカはエギを“ガジガジ”噛んで布がボロボロという経験をしたことがあるだろう。こうなれば少々乱暴なことをしてもエギを放すことはないのだ。

さてここで、噛まれてボロボロになったエギはもう使えないのだろうか?確かに布を補修するにも面倒だし、メーカーに依頼してまで修理するほどでもない。しかし、お払い箱にするにはもったいないし・・・そこで、登場するのが、アワビシートだ。エギを取り扱っている釣具屋さんなら必ずおいてあると思うが、アワビのカラーをあしらったシートで、両面テープでエギに貼り付けられるようになっている。カラーバリエーションも豊富で、そのエギにあったカラーも選択可能だ。

もともとはエギやルアーのアピール力アップなどに使われるものだが、破れた布の補修にももってこいだ。もちろん最初から貼っておいてもOKだし、補修でもOK。このシートをめがけて抱いてくる説もあるので、持っておいて損はないだろう。

エギング釣行に行く場合、バスフィッシングじゃないんだからタックル1セットでいいだろうと思いがちになる。陸っぱりなら邪魔になるので、1本にしたほうがいいが、ボートエギングの場合、できれば同じようなタックルを2セット用意するとなおいい。もちろんご予算にも合わせてということになるが、1セットしかない場合、エギのローテーションにはさほど時間がかからないのでいいが、不意にPEラインとリーダーのつなぎめで切れた時が難儀だ。

慣れている人であればさほど時間をかけず結び替えるだろうが、慣れないうちや地合い(よく釣れる時間帯)などのときはその時間はもったいない。まして、なれないうちに揺れるボートで下を向いて細かい作業となると、それこそ船酔い一直線だ。このような時同じようなタックルがもう1セットあれば時間を無駄にすることなく釣りができるというわけだ。

また、早秋、イカのサイズが小さい頃は船べりまでエギを追いかけて浮いてくることもよくある。このような時もう一方のタックルに小さ目のエギをセットしておいて見ながら釣ることも可能だ。

さて、問題となったPEラインとリーダーの結び方だが、電車結びやなんたらノットなどたくさんある。やりやすい結び方で結んでいただけばOKなのだが、できればFGノットを習得していただきたい。この結び方はリーダーをPEラインで編んでいく結び方でPEラインをハーフヒッチで止めるものの、結び目はまったくない。では?どうやって止めてるの?と思われるが、実は、PEラインの抵抗だけで止めている。

この結び方は結び目がないので、結束強度はほぼ100%(ラインは結ぶことにより強度が落ち、最強といわれるエイトノット、8の字結びで80%くらいに落ちる)とものすごく強い。慣れれば簡単でものの数分で完成する。

ともあれ、最初から高額なタックルなどそろえる必要はまったくなく、正直1万円台のロッドでも十分に使えるものも最近は多くでてきている。もちろん硬めのバスロッドであれば使えるので、まだエギングを体験したことのない方はぜひ体験していただきたい。いつも行くバスフィッシングよりもう少し足を伸ばせばアオリイカのポイントは山ほどある。タックルの詳しいことはバス釣具専門店『リバース』に問い合わせていただければ親切に説明してくれるので、来店しロッドなどを手にしてもらってはいかがだろうか。

プロフィール
藤原 秀揮(ふじわらひでき)

藤原 秀揮(ふじわらひでき)
スポーツワールド所属

元海上自衛官で艦船乗り。愛称は組長。
リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたるマルチアングラー。
バスフライサーフェイスシステムなど、楽しいバスフィッシングをはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドでゲームフィッシングをプロデュース中。

釣りとアウトドアの事ならRebass.JP

こんばんは。ゲストさん。リバースのWebサイトが正常にご利用できない場合は対処法についてをご覧ください。

  • Myリバース
  • 欲しいものリスト
  • 買い物カゴを見る

0

0

  • お問い合わせ窓口